「風呂喫茶店」にリノベーション

昔ながらの銭湯は、年季を人肌で気分時刻スライドしたという、レトロな調が魅力です。ただし、この時代、ほとんどの実家にお風呂があるので、ずっと銭湯が街角から姿を消していることは事実です。中には、さまざまなアレンジやサービスをして生き残りを図ったり、刷新工事を通じて「デザイナーズ銭湯」としておしゃれな銭湯に生まれ変わったり講じるカタチもあります。

また、みんなのお風呂としては仕事を終えた銭湯でも、昔ながらの銭湯の名残を記しつつおしゃれな“喫茶店”として、よっぽど新しくリノベーションやるカタチもあります。その中でも、やけにカワイイ“銭湯喫茶店”の「嵯峨野湯」を紹介します。

嵯峨野湯は、愛らしい自然のコントラストが行き渡る京都の名勝「渡月橋」の近くにあり、大正時代の懐かしい我が国文明という、現代のモダンな青写真をミックスさせたアパートで注目を集めています。

嵯峨野湯は、大正時期後期に作られた銭湯で、パブリックの憩いのスポットとして2004階級まで多くの顧客に愛された銭湯だそうです。そのため、嵯峨野湯の小道具は、蒸気のたつコーヒーカップをイメージしたおしゃれな青写真になっていますが、スパの狙いのようにも思え、銭湯であったこともとっくり思い起こさせる青写真になっています。これは、リノベーションする際に、銭湯の名残を極力そのまま記したい、という心持ちで実装されたからです。

店内に入ると、白を形とした洗練された青写真で、どうやら銭湯だったとは思えない調だ。飲食空欄は制限が激しく、天窓から太陽光が注ぎ、快適で開放霊感がありリゾートのようです。

も、銭湯の名残も所々に残されてあり、木の靴箱や着替えの時に使っていたボックス、ウェイト通算、番台など、ホームシックでユニークな雰囲気を演出してある。大正時代に作られたタイルの困難も残されてあり、喫茶店を斬新に彩ってある。

がんらい銭湯だったので、アパートが注目されますが、食品の支持も非常に良いです。更に、季節限定のパンケーキやお豆腐によるパスタが人気で、そのほかにも、スイーツやジュースなど、一律新鮮なマテリアルを通じてあり、おしゃれに盛りつけられてある。京都嵐山散歩の際には、必ずこういう嵯峨野湯に立ち寄って下さい。

時刻スライドしたような懐かしい銭湯も良いですが、さまざまな建屋で喜べる“デパート銭湯”や、昔の銭湯をおしゃれに刷新させた“デザイナーズ銭湯”、そして、喫茶店として生まれ変わった“銭湯喫茶店”、そのどれも違う魅力があるので、ダラダラ訪れてみるのも興味深いですね。キレイモ川崎の美容脱毛ならオトクに美人肌とスリムアップが目指せる!